新築検査が32,400円~検査・証明書com関西

メールでのお問い合わせ
連絡先電話番号0743-72-1151
住宅検査と住宅減税のエキスパート
検査実績(19/4/30現在)
1013件
新築検査

新築検査(税込32,400円より)

新築検査の概要

一戸建住宅の新築工事の手抜きやうっかりミスを防止する為に、検査に精通した建築士が、客観的に専門的に、貴方に代わって施主検査を行います。
「本当に設計図の通りに施工されているかよく見てほしい」「建築士に建築現場をチェックしてほしい」「施工者から説明を受けているが、理解できずよくわからない」などのご要望にお応えします。

「配筋検査」「構造検査」「防水検査」「竣工検査」の4項目の構成となります。すべての検査をご依頼いただく場合は、お得なセット割引がございますのでお問合せください。

新築検査の内容・費用

基礎の配筋検査

費用:32,400円(税込)

<主な検査内容>
□設計図書と一致しているか
□配筋の位置・ピッチ(間隔)・鉄筋の径
□かぶり厚(鉄筋からコンクリート表面までの距離)
□耐力壁・通気口・人通口周り・コーナー部の補強筋
□鉄筋の継手・定着長さ

構造(躯体)検査

費用:54,000円(税込)

<主な検査内容>
□基礎にクラック・ジャンカはないか
□柱・筋交い等の配置、部材が設計図書通りであるか
□接合部の金物は適切に施工されているか
□アンカーボルトの設置状況
□面材の釘打ち・ピッチは適切か
□小屋組は適切に施工されているか
など

防水検査

費用:32,400円(税込)

<主な検査内容>
□防水紙、防水テープの施工状況
□防水紙の重ね幅は適切に施工されているか
□開口部・貫通部の防水処理は適切か
□バルコニーの防水処理状況
など

竣工検査

費用:54,000円(税込)

<主な検査内容>
□外壁・内装・建具の状況確認
□防水処理の状況
□床下・小屋裏の点検確認
□設備の不具合確認
など

新築検査の対応エリア

奈良県、大阪府、兵庫県南西部、京都府南部、滋賀県西部、和歌山県北部、三重県西部(左記以外はご相談ください)